お知らせ

私の著書『年商1000万円超 上級ECサイト構築・運営術』がAmazonでランキング1位を獲得しました!

TopSeller ネットショップ 仕入れ先攻略

Top Seller(トップセラー)の全商品コースならたくさん売れて儲かるのか?検証してみた

Top Seller(トップセラー)の全商品コースは儲かる?様々な角度から考察してみた

ペンたろ
デカさは正義!
ペンたろ
商品の豊富さこそ利益に直結するはず!
ペンたろ
…だよね!ゆーがくん!
ゆーが
あまーい(*´▽`*)
ゆーが
考えが甘すぎて話にならんわw

商品数の多さやバリエーションの豊富さは、お客様に多くの選択肢を与えられるので、より多くの商品を取り扱うことを目標に設定する方が多いです。
しかし、本当に「商品数の多さ=お客様にとって良いこと=利益につながる」でしょうか…?

「戦略なきショップは淘汰される」という記事でも触れていますが、「商品数の多さ=利益」というシンプルな戦略はあまり賢い手法とは言えないので、大きく成功することは難しいでしょう(><;)

この記事では、Top Seller(トップセラー)の全商品コースを選択することの是非、そして全商品コースを選択した際の賢い利用法について解説します^^

 

注目!!

今なら期間限定キャンペーンページからTop Seller(トップセラー)へ新規登録することで最大2か月間(翌月末まで)どのプランを選んでも無料で利用できます\(^o^)/
まだ登録してない方はキャンペーン終了前に今すぐ登録しましょう!
既に登録している方は、新たに登録しなおすことでキャンペーンが適用されます^^
今すぐ期間限定キャンペーンページをチェックせよ!!

 

 

Top Seller(トップセラー)の全商品コースの商品を全て掲載してみた

4.全商品コース

 

無料でネットショップがはじめられる【BASE】でネットショップを新規作成し、Top Seller(トップセラー)で全商品コースを選択して検証してみたところ、
閲覧数は多いものの売れ行きはイマイチ…
全商品プランの費用は回収できる程度の利益にはなるものの、サラリーマンの手取りには遠いかな…という結果に(>_<;)

ちなみに、全商品を一括でアップロードする手順は下記の関連記事で解説していますので、やり方を知らない方はこの機会に学んでおきましょう^^

関連記事
BASE_TOP
トップセラーの商品をcsvデータでBASEに一括アップロードする方法まとめ

トップセラーの商品をcsvデータでBASEに一括アップロードする方法 ペンたろ 何だよcsvってー「ちょっくら 魚 ヴぁ ...

続きを見る

 

このため、全商品を採用できるプランに加入したからといって片っ端から全部取り扱うというのはあまり賢い手法とは言えません><

ペンたろ
何でなん?商品数が多い方が売れる可能性高まるんじゃ?

そう思いがちですが、たくさんの商品を取り扱えば取り扱うほど「何のお店か分からないお店」になってしまうからです><;

ペンたろ
それの何があかんのや?

 

ECサイト(ネットショップ)において、売れ行きを左右する重要なポイントの1つとして「専門性」が挙げられます。
専門性がいかに重要であるかを次項で解説します。

 

 

Top Seller(トップセラー)の全商品コースを選択するなら複数店舗で利用して専門性を持たせる

まず、Top Seller(トップセラー)の全商品コースというものは、実はTop Seller(トップセラー)の規約上、複数のショップ(ストア)で並行利用可能ということを覚えておきましょう。

5.複数ストアで利用する

※上記の内容はTop Seller(トップセラー)公式ページの「よくある質問」に掲載されています。

 

複数のショップで並行利用可能ということは、Top Seller(トップセラー)の料金は1アカウント分なのにたくさんのショップで色々な商品が利用できるということです。

このため、全商品を取り扱うショップを1つだけでなく10店舗でも100店舗でも持てるということです\(^o^)/
しかし、実際にやるまでもなく分かるように全商品を取り扱うショップを1店舗持とうが100店舗持とうが「取り扱う商品が同じ個性がないショップが乱立していても何の意味もない」ことは分かると思います。

前項の最後で触れているように、ネットショップにおいて売れ行きを左右する重要なポイントとして専門性が重要です。
専門性がなく商品数が多数あるショップというものは、言うならばAmazonや楽天市場の劣化版へと向かっているだけです。

そもそも、BASESTORES.jpといったレンタルショッピングカート型ECサイトAmazon楽天市場といったモール型ECサイトでは、戦略が全く異なるのでレンタルショッピングカート型である個人のネットショップでモール型ECサイトを目指したところで、大企業が運営しているECサイトに勝てるわけがないことは言うまでもありません。

このため、レンタルショッピングカート型ECサイトを成功させるには商品数を増やすだけという戦略では大きく成功することは難しいということが分かると思います。

ECサイトの種類や特徴に関しては下記の関連記事で詳しく解説しているので、この機会にしっかりと知識をつけておきましょう^^

関連記事
netshop-2sections
ネットショップ(ECサイト)を複数同時経営して沢山稼ぐ方法

ネットショップ(ECサイト)は複数同時に運営した方が効率が良い ペンたろ 何でも売ってるショップの方がええんとちゃうの? ...

続きを見る

では、具体的に「専門性を持たせる」とはどういうことなのか?
次項で解説します。

 

 

ネットショップで「専門性」を持たせる方法と考え方

※この章では「当たり前」のことを解説しています。
読み飛ばしたくなる気持ちは山々ですが、この当たり前のことを改めて検証することが大切です。
基本をしっかり押さえることが、たくさん売れるショップを作る秘訣です。

ネットショップは日本だけでなく世界中で運営されており、数えきれないほどの店舗が存在しています。
BASEだけでも既に400,000店舗以上あるため、周囲との差別化を図らないことには商品をしっかりと見定めて頂く段階にすら至りません。

ここで、当たり前すぎることですが商品を購入して頂くまでの流れを改めて振り返ってみましょう。

step
1
ショップに来店する

step
2
商品を眺める

step
3
気になった商品を手に取る

step
4
商品説明や価格をチェックする

step
5
欲しいと思ったら購入する

当たり前のことですが、もし手順③で気になる商品が無かったり、手順④で価格が高いと感じた場合、もちろん商品は売れません。
ネットショップを経営する上で、多くの方がこの手順③と手順④に注力していますが、実は商品の魅力や価格設定に注力しても沢山売れるようになるわけではありません。

商品を沢山売るために最も重要なことは、最初の「手順①ショップに来店する」です。

まず第一にお客様が来店しないことには、いくら商品が魅力的でも商品は売れません。
このため、まず最初にお客様に沢山来店して頂くことに注力することが重要です。

では、お客様に沢山来店して頂くためにはどうしたらいいか?
そこで「専門性」が登場します。

前述の通り、ネットショップは数えきれないほど存在するため、個性がない似たり寄ったりなショップは見向きもされません。
お客様は、何か商品を探す時に雑多なお店から商品を探し出すのではなく、欲しい商品を専門に取り扱うショップの中から商品を探そうと考える傾向にあります。

例えば、お客様が「Tシャツ」を購入しようと考えた場合、おもちゃ屋さんには行きません。
確かに、おもちゃ屋さんにはキャラクターとコラボした限定Tシャツを取り扱っていたり、おもちゃ屋さんのロゴが入ったTシャツを取り扱っていたりします。

しかし、お客様は特定の商品を探している場合を除き、複数ある選択肢の中から自分の気に入った商品を見つけたいという思考のもと商品を探しています。
このため、個人で運営するネットショップで広く浅く商品を取り扱うよりも、お客様に狭く深く商品を取り扱う方が次のステップ「手順②商品を眺める」や「手順③気になった商品を手に取る」というステップに繋げやすくなります。

この「狭く深く」ということこそが専門性です。
Top Seller(トップセラー)で全商品コースを選択したからといって何でもかんでも詰め込むのではなく、ジャンルごとにショップを分けて運営した方がお客様にとって望ましいショップになります。

また、運営する側のあなたにとってもジャンルごとに商品が別けられていた方が管理しやすく、ジャンルごとに集客具合や成約率を検証できるため望ましいショップになります。

専門性を持たせるということは、お客様にとってもあなたにとっても理想形なのです^^
では、「専門性を持たせたショップを複数経営するにはどうしたらいいか?」について次項で解説します。

 

 

ネットショップを複数経営してTop Seller(トップセラー)の全商品コースを使い倒す方法

複数店舗のネットショップを同時経営することを考えた場合、「作るまでの手間が…」、「管理がめんどくさそう」、「維持費が2倍、3倍かかるのでは?」といった先入観を持ってしまいがちですが、そこで諦めてしまうのは勿体ないです!

やってみれば分かることですが、実際は作る手間は全然ありませんし管理も簡単!維持費も0円なのでコストパフォーマンスも抜群です^^

ネットショップを複数に分けて、それぞれに専門性を持たせ(アパレル系/家電系/雑貨系など)ジャンルに合った商品をTop Seller(トップセラー)の全商品コースから採用することで専門店を複数同時経営が実現可能です^^

複数店舗を同時に経営するにあたって押さえておきたいポイントは、下記の関連記事で詳しく解説しています。

関連記事
ネットショップ運営にも経営戦略が必要な理由
ネットショップ(ECサイト)運営にも経営戦略が必須!戦略なきショップは淘汰される

経営戦略のないネットショップ(ECサイト)は売れない… ペンたろ BASEマジで売れないんだけどw ペンたろ ゆーがくん ...

続きを見る

 

Top Seller(トップセラー)の全商品コースを活用してネットショップを複数店舗持つ方法は、下記の手順で行えば実現できます^^

step
1
無料で作成できるBASEでネットショップを開設する

step
2
Top Seller(トップセラー)の全商品コースからジャンルにあった商品をチョイスする

step
3
開設したネットショップに商品を陳列する

step
4
手順①に戻る

 

BASEでネットショップを複数回にわたり開設しても費用はかかりませんし、開設自体も3分程度で行えます^^
Top Seller(トップセラー)の全商品コースを複数のネットショップで利用することは前述の「Top Seller(トップセラー)の全商品コースを選択するなら複数店舗で利用して専門性を持たせる」でも触れているように規約に基づいた正当な利用方法です^^

「BASEでネットショップを複数開設する」、「Top Seller(トップセラー)の全商品コースを複数店舗で同時利用する」という2つのポイントを活用した戦略を活用したショップはあまり存在していないため、ライバルが少ない今こそチャンスです!

あなたも今すぐチャレンジしましょう!
作るのが遅くなればなるほど売れるチャンスを逃すことになりますので、今すぐ作っておきましょう!
実現するために参考になる関連記事は下記のとおりです^^

関連記事
base-topseller
BASEとトップセラーで収入を得よう!初心者にも出来る無在庫販売テク

BASE×トップセラーで誰でもショップオーナー♪ ペンたろ ゆーがくん、ネットショップやりたいんだけど、どうなん? ゆー ...

続きを見る

関連記事
BASE_TOP
[元AKB小嶋陽菜さん出演TVCMでおなじみ]BASEでネットショップ(ECサイト)を作って収入を得よう\(^o^)/

[目次]BASEの登録手順BASEでどんなデザインのショップが作れるの?BASEのショップデザインの種類は無限にある!B ...

続きを見る

関連記事
トップセラーTOP
トップセラーを使いこなして収入を得る!登録してみよう^^

トップセラー(TOP Seller)の登録方法 トップセラー(TOP Seller)は、在庫を持たなくても商品販売できる ...

続きを見る

見逃し厳禁!! 絶対必見!

[期間限定!!] 楽天が無料で資料を提供しています!急げ!

ここに注目!

あの楽天が「無料」でネットショップの売上げ向上テクニックを公開!という何とも優しく太っ腹なサービスを提供しています!

  • 最新の販売手法もバックアップ!
  • SNSの活用/スマートフォンの時代へ!/海外販売に挑戦
  • プラン別コストシミュレーション
  • 「商品ジャンル」別、売り方ノウハウ etc...

キャンペーン終了がしてしまう前に今すぐ必ず入手しておきましょう!

↓無料の資料請求はコチラ^^↓

事例:はじめてのネットショップ運営で月商1800万円突破!楽天市場

関連コンテンツ



-TopSeller, ネットショップ, 仕入れ先攻略

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.