[注目]BASE公式本が発売開始!必読です!

WordPress(ワードプレス) シリーズ企画

[第5回]WordPress(ワードプレス)をSSL化する手順

この記事は、第5回の記事になります^^
過去の記事は下記のリンクからどうぞ。

  1. WordPress(ワードプレス)の概要を掴む(パンフレットを読む)
  2. サーバーをレンタルする(土地を借用する)
  3. ドメインを取得、登録する(住所を取得し割り当てる)
  4. WordPress環境を構築する(建物を建てる)
  5. SSL対応(スマート家電の家にグレードアップする)
  6. テーマの設定(家の間取りを決める)
  7. プラグインのインストール(家具、家電を配置する)
  8. プラグインの設定(家具、家電の配線、初期設定をする)

WordPress(ワードプレス)をSSL化する方法

SSLとは?SSL(Secure Socket Layer)とは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する方法のひとつで、Netscape Communications社が開発しました。 TLS(Transport Layer Security)は、SSLをもとに標準化させたものです。

 

ゆーが
サイトをSSL化することで、信頼度が高まるってことだね!
ゆーが
サイトで言うと、「http://」を「https://」にするってことです!

 

SSL化行うための手順は、下記の通りです。

  1. エックスサーバーでSSLの設定を行う
  2. WordPress(ワードプレス)でSSLの設定を行う

サーバー、ドメイン共に設定を行うことでSSL化できます^^

 

エックスサーバーで独自SSLの設定を行う

まずは、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

ここで入力する「サーバーID」「サーバーパスワード」は、第2回記事で出てきた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」というタイトルの確認メールにインフォパネルパスワードと一緒に記載されているので、メールを参照してみて下さい^^

 

1_サーバーパネルログイン

1_サーバーパネルログイン

 

 

 

次に、「SSL設定」をクリックします。

1_SSL設定

1_SSL設定

 

 

SSL化したいドメインの右側にある「選択する」をクリックします。

2_SSL設定_対象の選択

2_SSL設定_対象の選択

 

 

「独自SSL設定の追加」タブをクリックし、サイト名を確認したら「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。

3_SSL設定_設定確定

3_SSL設定_設定確定

 

 

今度は、「SSL設定の一覧」タブから対象のサイト名を確認すると、「https://~」から始まるURLがあると思います^^

このURLをクリックしてみると…

4_SSL設定_設定確認

4_SSL設定_設定確認

 

こんなメッセージが表示されると思います(@_@;)

これは、まだ設定が反映されていないため、このような表示になっています。
なので、設定をミスっているわけではないので、安心して下さい^^

5_SSL設定_状態確認

5_SSL設定_状態確認

 

 

およそ10分経過(長くても60分)すると、正しく接続されるようになります^^
これで、ひとまず「http://」だったURLが「https://」に変えることができました!

6_SSL設定_接続完了

6_SSL設定_接続完了

 

 

あとは、最低限行う設定としてダッシュボードの「設定」「一般」からサイトのURLを変更しておきます。

「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」のURLを「http://」から「https://」へと書き換えます。

最後に、一番下にある「変更を保存」をクリックして完了です^^

7_SSL設定_WordPress_設定一般

7_SSL設定_WordPress_設定一般

 

次の記事(第6回)はコチラからどうぞ
>>テーマの設定(家の間取りを決める)

見逃し厳禁!! 絶対必見!

[期間限定!!] 楽天が無料で資料を提供しています!急げ!

ここに注目!

あの楽天が「無料」でネットショップの売上げ向上テクニックを公開!という何とも優しく太っ腹なサービスを提供しています!
キャンペーン終了がしてしまう前に今すぐ必ず入手しておきましょう!

↓無料の資料請求はコチラ^^↓

楽天市場出店の資料請求

関連コンテンツ



-WordPress(ワードプレス), シリーズ企画

© 2021